プラスチック樹脂加工の業界随一の機械設備を持ち合わせ、お客様の生産性を上げるサポートを致します。

TEL:082-810-6677

見積依頼

お問い合わせ

コスト削減、スピード納品、複雑・大型加工の対応

トップページ / してぃぷらすちっくな話

してぃぷらすちっくな話

シティプラスチックのスタッフが技術向上やお客様のニーズに広くこたえられるために取り組んでいる研究や試作についてはもちろん、 日々の生活で見たこと、聞いたこと、感じたことなどをご紹介しています。

中間報告

皆様お久しぶりです。営業部土肥でございます。
 
さぁ、待ちに待った第21回東京機械要素技術展始まりました。
 
うちの展示エリアにはどれぐらい人が入っているでしょうか?
 
画像1.JPG
 
かなりの混雑しておりますねありがたい事です。
ダブルヘリカルギアは会場スタッフに質問が結構あったようです。
 
画像2.JPG
 
φ500テフロンベローズはかなりの迫力です。
 
通る人が足を止める効果が有るみたいです(^◇^)
 
画像3.JPG
 
人が途絶えず、現地メンバーも大変なようです。
 
ですが、まだまだ皆様にお伝えしたい加工品などありますので
 
残りはあと1日となります。お近くのお客様はぜひ足を御運び下さい。
 
                                  営業部 土肥

さあ、本日から第21回機械要素技術展ですよ。

本日から待ちに待った第21回東京機械要素技術展がはじまります。

当社は何か月も前から、この機械要素技術展で皆様に足を運んで頂けるよう、

展示品など準備をして参りました。

そして昨日、ブースの設営をしました。

IMG_0113.jpg

いよいよです。

IMG_0020.JPG

ブース組立中

(トイレ近いです・・・)

IMG_0021.JPG

広島発!

ものづくりモンスター

今回より新たにフレーズ追加しました。

IMG_0022.JPG

展示品コンテナ到着~

IMG_0023.JPG

組立中~

IMG_0024.JPG

IMG_0025.JPG

恒例の展示品(^_^)

IMG_0026.JPG

配置思案中~

IMG_0027.JPG

ライトアップされてます。

ショールームみたいです。

ブースの場所は東京ビッグサイトの東5ホール 小間番号63-2です。

詳しくは、6月15日のブログをご覧ください。

ぜひ皆様のご来場をお待ちしております。

            

                             営業部 河野

削り出せ! リターンズ

皆様こんにちは 営業部の金内です。

 

明後日ですよ皆様 明後日6/21からついに第21回機械要素技術展が開催されます。

昨年もブログではお伝え致しましたが、今年もスタッフポロシャツを身にまとい製品説明を行います。

 

 

IMGP6280.JPG

 

IMGP628311.jpg

 

今更ですがポロシャツのごしょ~か~い!!

(誰だ~!! ネタ切れって言った人は 汗(-_-;) )

 

このポロシャツ、昨年の展示会用に作りまして、全体的にブラック色なんですが、襟元や袖口はピンク色で差し色がありステキでしょ、これなら他社の出展社さんとはダブらないだろう

と考えてたんですが、   

 

 

あまかった~ (涙)

 

4月の名古屋機械要素技術展ではすぐ近くの出展社さんと同じタイプのポロシャツでした。

お互い苦笑いです。

 

まぁ目立つってことは良いと言う事でヨシとしましょう。

 

 

誰だ~!!! 今回のブログ短い って言った人は~~

 

みなさま 明後日から三日間おまちしてまーす。

 

                                                                      営業部 金内

いよいよ来週

一年って早いですね。

 

昨年出展させて頂きました東京機械要素技術展から早くも一年。

前回の展示会が終わった際はスタッフ全員で反省会を行い、新たな製品サンプル、展示方法、ブースのデザイン等について協議致しました。

 

一年もあれば全然間に合うでしょ!!

 

って思ってたんですが、こんなに早く時が過ぎるとは ・ ・ ・

 

夏休みの宿題みたいにこの1週間は準備でバタバタの連続でした。

しかし 皆様 ご安心ください。

 

昨年の出展より更なるパワーアップしたシティプラスチックのブースをどうぞお楽しみに。

 

さて、ものづくりの展示会において国内最大級の規模を誇る機械要素技術展ですが、東京ビッグサイトも広いです。

 

『シティプラスチックのブースに行きたいけど場所がわかんないんだよね~』

 

と 前回 お客様よりご不満の声をお聞きしました。

 

小間番号は63-2なんですが、63-2を探すのにも時間がかかりますよね。

 

それでは分かりやすく説明いたしましょう。

 

先ずは東京ビッグサイトに入って頂き、東展示場を目指してください。

東展示場に到着しましたら右手が東13ホール、左手が東46ホールとなり、シティプラスチックの出展ブースは東5ホールになります

 

左上にドーンと東ホールの案内版があります。

手続きがお済みでないお客様はこちらで入場の手続きをお願いします。

IMG_1129.gif

それではシティブースに進んで参りましょう

IMG_1130.gif

5ホールの入り口を入って頂けましたらひたすら前進あるのみです。

左右に様々な業種の出展者様からの呼び込みがあるでしょう。

しかーし!! シティプラスチックブースに到着までガマン ガマンですよ皆様。

 

中間地点に差しかかりました

IMG_1131.gif

突当りを目指し兎に角前進です。

突当りに到着したら右上にドーン《ヒガシゴホ~ル》

 image1.gif

 

この真下です。

 

簡単でしょ!!

 

シティプラスチックブースしっかりご堪能下さい。

 

皆様のご来場を本当にお待ちしております。

                         

                         営業部 河村    

 

 

 

東京機械要素技術展に向けての進捗報告!!!

名古屋での機械要素技術展がつい昨日の事の様に思え、

時の流れの早さに驚きの日々を送っておりますが、

皆様、如何お過ごしでしょうか???

 

こちらのブログで色々と情報をアップしております、

'東京機械要素技術展'が、

いよいよ来週開幕致します!!!!

ホント時間が経つのが早いですね~・・・

しつこいですが、来週6/21()1000スタートです!

6/22()6/23()の計3日間開催されます。

 

 

さて、今回のブログでは、

展示会に無くてはならない存在!

'展示品'の搬出準備状況を

お伝えしようと思います。

 

前回(名古屋)の展示会では、

超大型のダブルヘリカルギヤが目玉商品でした!!!が、

搬送するのがものすごく大変で・・・

そこで昨年製作した展示会専用台車の改良をする事となりました!

いざ、展示会場へ到着し、当社ブースへ搬入する際、

特に問題無くスムーズに作業は進んだのですが、

展示会終了後、搬出の時、色々と問題が発生しまして・・・

 

展示会終了後、すぐに業者さんのブース撤去作業がスタートします!

私達も片付けをするのですが、

社内で台車に展示品を入れ込むのとは全く雰囲気が違い、

慌ただしく作業を進めます。

 

展示品を台車に詰め込んで、いざチャーター便の待つ駐車場へと向かいます。

当社ブースより1km位台車を押し進んで、チャーター便の姿が見えた瞬間、事件が起きました・・・

 

当社お手製の展示会専用台車・・・大破・・・orz


大切な部分が折れちゃってます。。。

台車 折れてます.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや~・・・

やはり巨大ダブルヘリカルギヤの重量に耐えきれなかったのと、

周りの慌ただしさにつられてしまって乱雑に片づけたのが要因なのですが、

ホントびっくりな出来事でした。。。


展示会に行く前はこんな隙間なかったのですが・・・orz

台車 全体写真.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、今回の東京機械要素技術展では、

過去最大!!!間口12M×奥行2.7Mのブースで出展します!

4月に開催された名古屋機械要素技術展以上に展示品を並べる予定です。

その展示品の物量・重量に耐える台車が必要となるのですが、

さすがシティプラスチック!!!

4月の名古屋機械要素技術展終了後、

新たな台車'シティオリジナル 展示会専用台車 Ver.3'を

製作スタートしておりました!!!

キャスターの大型化、使用する木材のサイズアップ等々、

今までの反省を生かしたイカした台車!

完成するのが楽しみです!!!

 

大工道具一式です!これで凄いサイズの専用台車を製作します!

台車製作用道具一式.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シティプラスチックの良さを知って頂こうと、

各部署一致団結して臨む展示会!

 

広島発!

ものづくりモンスター!!!


興味のある方は、

是非、弊社ブースへ足を運んで下さいm(_  _)m

 

ブログではお伝え出来ない熱量を

感じて頂けると思います!

 

まだ招待券を入手されていないお客様がいらっしゃいましたら、

お気軽にお声掛け下さればと思います。

 

 

 

営業部 増井


 

 

 



 

 

シティプラスチックが誇る!!大型マシンの御紹介

皆様、こんにちは。営業部の永田です。
 
先日、関西方面に出張に伺いましたが、
まさかの竜巻注意報にびっくり( ゚Д゚)
 
ホテルの窓が割れるんじゃないかと怯えながら過ごした夜でした...(T_T)
 
そんな話はさておき...
 
毎回の如く、つぶやいておりますが、
東京機械要素技術展開催までついに2週間をきりました。
 
昨年度より、本格的に展示会に出展していますが、、
各会場では主に【大型加工】をテーマに活動をしております。
 
今回は我がシティプラスチックが誇る大型マシンの御紹介をさせて頂きます。
 
 
 
 ①
IMG_3974.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ワークサイズ 1400H×2500W×5000L
業界最大級のマシニングセンタです。
サイズのみならず、側面からの加工も可能な5面加工機となります。
 
このマシンで規格外サイズの加工品を削っています('◇')ゞ
 
 
 
 ②
IMG_2366.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・ワークサイズ 500H×500W×5000L
5000㎜の長尺加工が可能です。
主軸がリニアモーター駆動の為、ツール交換のスピードも
目を奪われる速さです( ゚Д゚)
 
長尺加工品は当社にお任せ下さい!
 
 
 
 
 ③
DPP_1508.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・ワークサイズ 600H×850W×3000L
大きいだけじゃありません!
何とこのスケールで同時5軸の加工が可能です。
 
大型の5軸加工品はこちらのマシンにて(^O^)/
 
 
 
 ④
_MG_3497.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・ワークサイズ φ800×3000L
大型の同時5軸複合旋盤
丸、四角、斜め なんでも加工出来てしまうすごいマシンです(笑)
電動テールストック搭載の為、大型品でも寸法精度は抜群です。
 
 
 
 
LHHP用.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・ワークサイズ φ1300×3000L
業界最大級のNC旋盤
大型の旋盤加工品でお困りの際は、
是非、シティプラスチックまで!
 
 
 
 
縦型旋盤HP用.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・ワークサイズ φ2300×1500L
 
業界最大級の縦型NC旋盤
先日より幾度となく御紹介しております、
ダブルヘリカルギアはこのマシンで加工しております!
 
 
本日はこの辺で...
 
 
当社には、ここでは紹介しきれない程のマシンたちが日々プラスチックと
格闘しております。
 
シティプラスチックが掲げる 【オンリーワンの物づくり】 は
この設備力と匠の技の融合から生み出されます。
 
展示会では、このマシンたちで製作した作品のご説明が出来る日を楽しみにしておりますので、
是非、当社ブースにお越し下さいませ。
 
改めまして、
開催日程は6月21日(水)~23日(金)の3日間  となっております。
 
 
営業部 永田

シティプラスチックってどんな会社?東京機械要素技術展で見てもらいたいものとは・・

どうもこんにちは。

シティプラスチック企画開発リーダーの宇都宮です。

6月に入り暑い日が続いていますが、先日は関東方面でゲリラ豪雨につむじ風、暑いとは言いながらも突然の雨
には正直萎えてしまいますよね。

そんな関東におきまして、我々シティプラスチック・・・

「実は関東での認知度というのは、正直申しまして今ひとつ」なのですが、そんな皆様に

シティプラスチックとは改めて、どのような会社なのかご説明差し上げておきたいと思います。

シティプラスチックはプラスチックしか加工しないの?


これ、正直良く聞かれるのですが、我々シティプラスチックは、樹脂切削加工メーカーですから、アクリルやポリカ、塩ビやMCナイロン、PVCなどに加え、PEEKやPPS、PTFEなどの材料を削って加工しております。

真鍮やアルミなど、加工してもらいたいというお話を頂戴することも御座いますが(笑)是非、樹脂の切削でご利用下さい。

また、軟質ゴムや低発泡の柔らかい材質についてもお問合せ頂くのですが、基本的に加工はおこなっておりません。

シティプラスチックの強みやアピールポイントはどこ?


シティプラスチックの強みは、やはり業界でも屈指の設備力とマンパワー、そして樹脂切削専門の会社ならではのノウハウを持ち合わせております。

特殊な形状も特殊刃物を内製し加工を施すほか、他社には無いような特殊な材料も持ち合わせていたりと・・・お客様にとって都合の良い会社です。

材料が手に入らない、どこに見積りを出しても加工が出来ないと断られる、そんなお悩みを解決できる会社です。

シティプラスチックの東京機械要素技術展での見どころとは?


シティプラスチックでは、今回の東京機械要素技術展で大型の加工品を持参し、展示をする予定です。

その展示会場で是非ご覧頂きたい加工品はこちら!

20170419084243.jpg

なかなかお目にかかれないサイズのMCナイロンの加工品です。

φ1000の厚み、長さ300Lということで、かなりの重切削でしたが、今回はそんな加工が東京初上陸です!

今見ていないと、次は見ることが出来ないかもしれません・・・(笑)

そして、大型の加工技術と、溶接の技術を融合させたこちら、PPの加工品も驚いて頂けると思います。

IMGP6218.JPG

シティプラスチックをもっと知りたい!そう思って頂いたお客様、是非東京機械要素技術展へと足をお運びください。
招待券が無いお客様、お知らせいただければ郵送を致しますのでご連絡ください。

シティプラスチック 開発L 宇都宮

いよいよ今月東京ビッグサイト

連日のように夏日が続くようになりましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか。

 

6月に入り、いよいよ東京ビッグサイトで行われる第21 東京機械要素技術展の

 

開催日が差し迫って参りました!

 

弊社の出展する展示会の中では、もちろん最大規模のイベントですので、社内でも

 

日に日に展示会の話題が増えてきております。

 

 

 

過去のブログでもご報告させて戴きましたが、今回の展示会では過去最大となる

 

間口12×奥行2.7Mの展示スペースで皆様をお迎え致します!

 

 

加工品の展示方法についても試行錯誤し、お客様により分かりやすくご覧戴けるよう

 

工夫を凝らしておりますので、ご来場の際には是非とも弊社ブースへお立ち寄り下さいませ。

 

 

 

改めてのご案内となりますが、開催日程は621()23()3日間となっております。

 

 

念のため展示会への案内図を載せておきますね。

 

 img_train_01.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 20030727_27_July_2003_Tokyo_International_Exhibition_Center_Big_Sight_Odaiba_Tokyo_Japan.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非今月のカレンダーに3日間のいずれかのご予定をお入れ下さいませ。

 

 

当日皆様にお会いできることをスタッフ一同楽しみにしております。

 

 

購買課 松浦

展示会の目玉 ダブルヘリカルギア

先日のブログでは加工品アンケートの2位(歯ブラシ)と、3位(ペットボトル)を御紹介させて頂きました。

今回は、1位のダブルヘリカルギアが、材料の状態からどのような工程を経て完成するのかを、①~④の手順を追って御紹介させて頂きます。

 ①300t×1000×1000と材料が非常に大きいので、弊社が誇る 門型マシニングセンタ(ワークサイズ2000×4000まで)に乗せていきます。

しっかりバイスで固定してから、板形状から丸形状へ加工していきます。

一度に削りきる事が出来ないので何度も外周を削り、途中で上下をひっくり返して加工していきます。

見て下さい!この切り粉の量! 切削量が物凄いですね...。IMG_0499.JPGのサムネイル画像

IMG_0495.JPGのサムネイル画像IMG_0494.JPGのサムネイル画像

②次に外径加工を行っていきます。

弊社自慢の超大型旋盤加工機 (ワークサイズφ2300まで)にてチャッキングします。

通常の旋盤加工機のような3つ爪では芯がブレる為、8つ爪でしっかり掴み、芯を出します。

ここでしっかり芯を出さないと後工程のV溝加工の際、精度が出ません。

IMG_0490.JPG

③外径加工の後はエンドミル加工で内側の肉抜き加工をしていきます。

IMG_0484.JPG

この製品は材料の状態で300kgもあり、人力で持ち運びする事が出来ません。

クレーンに吊る為に吊りボルト用のM12ボルト穴を4箇所空けます。

IMG_0482.JPGのサムネイル画像 

このような重量物をお考えの方、また、設計される際は、吊りボルト用の

タップ穴があると、製品を傷付けずに加工する事が出来ますので、

加工する立場としては大助かりです!!

IMG_0473.JPGのサムネイル画像

IMG_0472.JPGのサムネイル画像

吊った画像です。大きい円盤形状がUFOのようで不思議な光景でした(笑)

IMG_0478.JPG 

 

④ここから外径のV溝加工に入ります。マシニングの機械に、インデックスを取付け、均等に位置を動かし、アングルヘッドで横から加工していきます。

IMG_0468.JPGのサムネイル画像 IMG_0469.JPG

 

写真のような工程を乗り越えて見事完成です!

 IMG_0465.JPG

隣に人が立つと大きさがわかりますね。実はこのヘリカルギア用に下のラックギアも製作しております。

前回の名古屋の展示会では画像と同様の1メートルの長さでしたが、今回の東京の展示会では1.5メートルにグレードアップしております。

 

弊社の超大型加工機を集結し、供給できる材料でどこまで加工できるか挑戦した作品です。

 

遠くからでもはっきり見えるサイズの為、

前回の展示会ではこのダブルヘリカルギアがシティプラスチックの目印となっておりました。

 

実物は画像以上の迫力があり、必見の加工品です。

 

 次回の展示会は第21回東京機械要素技術展(東京ビッグサイト)

日時は6月21日(水)~23日(金)の期間となっておりますので、

是非お越し頂ければ幸いです。

 

営業部 阿武

 

展示会のスター 歯ブラシ アクリルボトル

21回東京機械要素技術展まで1ヶ月をきりました。

今回は東京機械要素技術展に展示しますPEEK歯ブラシとアクリルボトルを紹介します。

 

まずはPEEK歯ブラシから紹介しますが、写真がこちらです。

IMGP6201.JPG

 

 

 IMGP6203.JPG

 

通常の歯ブラシは型に毛束を入れていますが、この歯ブラシは毛が1本1本接着している様にみえますよね。

実はPEEKの板材から一体で削って作っているのです。

 

え、こんな細い毛をどうやってつくっているのって疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実はφ0.2のエンドミルで毛の間を削り、毛の形になるように削っています。

 

さらにφ0.2のエンドミルでは、一気に毛の形を作ることができません、

細い刃物は強度がないので、一度に深く削ることができないのです。

 

そこで当社の加工ノウハウを駆使し、0.05ずつ徐々に削って製作しているのです!!

 

文章ではイメージが湧きにくいと感じる方もいらっしゃるかと思います。

加工の動画がありますので、ぜひご覧ください。

 

アドレス

 https://www.youtube.com/watch?v=GOJEbuUEXvU

 

続けて アクリルボトルを紹介します!!!

 

IMGP6212.JPG

 

 

アクリルボトル内側が皆様どうやって加工していると思いますか?

普通の刃物でしたら、こんなにも内側を広げることはできませんよね。

 

そこでこの刃物。

IMGP6190.JPG

 

刃物を内側に入れた後、刃物を立たせているのです。

 

IMGP6186.JPG

 

こちらでアクリルボトルの内側を広げて加工しているのです!!

 

 

ぜひ東京機械要素技術展では、今回は紹介しましたPEEK歯ブラシとアクリルボトルを展示しておりますのでご覧ください。

 

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

                                   営業部 在則


見積依頼・お問い合わせは、お気軽にどうぞ

TEL:082-810-6677
見積依頼 お問い合わせ

シティプラスチック